ボンキュート(BomCute)口コミと効果を自腹で検証

ボンキュート(BomCute)口コミと効果を自腹で検証

ボンキュート


ボンキュート(BomCute)はバストアップに効果大で、しかも美味しい!と、いま人気急上昇中のバストアップサプリです。興味があるけど、実際の効果はどうだろう?と思っている人も多いはず。私も実はかなり気になっていました。


そもそも、サプリでバストアップってどういうこと?と思ってしまいますよね。飲むだけで本当にバストアップできるの?というギモンはやはり感じてしまいます。そんなコトでバストアップできるなら、自分の長年の悩みは何だったのかという気もしてしまいますし・・


まずは、ボンキュート(BomCute)が効くというその理由について探ってみましょう。

ボンキュート(BomCute)が効く理由【第二次性徴期を考えると原理が分かる】

ボンキュート(BomCute)がバストアップに効くのは、女性ホルモンの働きを助ける成分が多く含まれているからです。バストやヒップの丸みなど、女性の身体を女性らしくかたちづくるためには、女性ホルモンの働きが欠かせません。ここはちょっと詳しく説明します。


赤ちゃんが生まれると、その瞬間に男女の区別はつきますよね。これは生殖器の状態によって判別しているわけですが、母親の胎内にいるあいだに男女の区別はできあがるわけです。これを第一次性徴といいます。Y染色体を持っていれば男の子に、持っていなければ女の子に育って、生まれてきます。


子供が成長して思春期を迎えるとおとずれるのが第二次性徴期です。『第二次性徴』というと、甘酸っぱい?中学生時代を思い出してしまうひともいるのではないでしょうか。第二次性徴期に、男の子は男らしく、女の子は女らしく成長していきます。ここで大きな役割を果たすのが、性ホルモンです。


女の子は、平均して11歳11か月で第二次性徴が発現しますが、これは卵巣から分泌される女性ホルモンである「エストロゲン」の働きによるものです。エストロゲンの分泌によって、第二次性徴はまず乳房の発達というかたちであらわれてきます。乳房の発達の後で、陰毛の発生、初潮の発生と続いていくのです。


女性ホルモンの働きによる第二次性徴はまず乳房に現れるということは重要です。これがいわゆるバストアップサプリの一番オオモトの原理になっているからです。

ボンキュート(BomCute)が効く理由【女性ホルモンの代替物を豊富に含む】

ボンキュート


卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンによって、第二次性徴が始まること、第二次性徴は乳房の発達からスタートすることをご説明しました。では、エストロゲンをどんどん投与するとバストアップ効果があるのでは?と考えてしまいますよね。ところがそう簡単にはいきません。


エストロゲンが含まれるエストロゲン製剤はもちろん存在しますが、これはすべて医薬品です。基本的に女性ホルモン補充療法など、病気の治療のために使用するもので、高価ですし、副作用もあります。気軽に摂取するにはだいぶハードルが高いものなのです。


とはいえ、美容全般に女性ホルモンが果たす役割は大きいのですよね。そこで注目されたのが、植物由来のエストロゲン、植物エストロゲンです。植物の中には、エストロゲンと似た生理作用を持つ物質(植物エストロゲン)があります。大豆などに含まれるイソフラボンが代表的なものです。


美容に関心がある人なら、イソフラボンという名前は最近よく耳にしているのではないでしょうか。イソフラボンは大豆に多く含まれるもので、女性ホルモンの働きのひとつである髪や肌にうるおいや弾性をもたらす効果があり、多くの美容用品に配合されるようになってきました。


ところが、世界の植物の中には、大豆由来のイソフラボンよりもはるかに高い女性ホルモン作用をもつ植物が存在します。これがボンキュート(BomCute)の主成分であるプエラリアです。プエラリアは、マメ科クズ属の植物で、タイ北部やミャンマーを原産地としています。


プエラリアの植物性エストロゲンの含有量は、大豆の約40倍!です。ボンキュート(BomCute)は、原料のプエラリアに高濃度に含まれる植物性エストロゲンが、摂取した女性の体内で、女性ホルモンに似た働きをすることで、バストアップ効果をもたらすのです。